• 三々五々館
  • 求人情報
  • 事業所一覧
  • 戦災戦士’s
  • 地域交流会報
料金・処方案内等

戦災戦士’sコラム | 明寿会 | 川崎市 介護事業所

2017年05月の記事

  •  

    広島市民、長崎市民は、8月6日、9日の、アメリカが投下した原爆で肉親を抹殺された事を忘れてはいない。

    私たち関東に住む人間も、いろんな意味で忘れてはならない。

    というのは原爆投下者の意図が今日までも70年以上も続いているからである。

     

    一瞬にして溶鉱炉の数千度の火と放射能で数万数十万もの女子供老人を大量虐殺したアメリカは、そればかりではなく、日本の文化や富や経済を70年以上も支配し、吸い尽くしていることは、同じ人間として許されない。

    もしかすると黄色人種だという侮蔑意識があるのかもしれないが。

    人生100年一世紀の7割以上を他国が支配下にすることは、許されない。

     

    今アジアもヨーロッパも大きく変化している。

    隣国中国はアジアインフラ投資銀行(AIIB)を立ち上げ、今回新たにカナダ、ベルギー、ハンガリー、ベネズエラなど13カ国が加盟承認され、加盟国・地域は70となり、Gセブン(主要7カ国)で参加していないのは米日だけとなり、アメリカの世界における影響力の低下には歯止めがかからない。

     

    没落する巨人アメリカの橋渡し役の日本の首相はそれこそ世界でトランプのアシスタントとして飛び回っている。

    今後没落救済策として自国民の老人福祉や教育費をさらに搾り取ることに必死になるだろうが、許してはいけない。

     

    広島・長崎市民はアメリカは絶対に日本を守らないと断言している。

    それは原爆投下が必要だったという日米の人間たちの発言力を上回る説得力をもつものがあり、支持されている。

    自らの肉親、同胞を焼き殺され、その上に感謝しろなどと言われて納得する人間はいない。

    70年かけて敵を見抜く眼力を磨いてきた。

     

    今関東の私たちも目を覚ますときである。

    そして日本の未来について広島・長崎市民とともに考えるべきである。

    日本と自分の家族の未来の事として考えるべきである。

     

    今年も夏は暑い。

    デモ行進も大変である。

    しかし未来への熱い気持ちを持って広島市民から揺るがない気持ちを吸収してきましょう。

    男どもが先陣をきってやりましょう。

     

    10月には文化祭があり、そこでは原爆展・戦争展を行います。

    その準備作業として8月の行動をやりましょう。準備をお願いします。

     

    2017/5/29

     

人気記事