• 三々五々館
  • 求人情報
  • 事業所一覧
  • 戦災戦士’s
  • 地域交流会報
料金・処方案内等

川崎市の介護事業所「明寿会のなじみグループ」

第12回 敬老文化祭

  •  

     

    ~昭和の時代を生き抜いた人々の歴史展~

    日時:平成26年10月25日(土)午前9時~午後5時

             26日(日)午前9時~午後4時

    会場:旧旭勇ストア 川崎区旭町2-24-9(旭町商店街旭ドラッグ隣)

    入場料:無料

    主催:介護体験を聞く会

    協賛:(有)明寿会・柳田診療所

     

    ・老人の体験を忘れない回想展(原爆写真、第二次世界大戦の写真、川崎空襲写真、沖縄戦写真など)

    ・柳田医師による認知症講演会(両日午前10時30分~)(認知症介護の入り口と方向について)

    ・デイケア、デイサービス、グループホームの活動紹介(活動写真、利用者さん制作の作品展示)

    ・介護弁当展示、みそ汁試食、車いす体験、リフト車体験などなど

     

    また、当日はケアマネージャー、介護福祉士が介護のご相談に応じます。

    お気軽にご相談下さい。 

     

     

    写真:原爆行 

    解説:「川崎吟詠会本部 会長岡田東鵬 新編和漢名詩選」第三版より

    *昭和二十年八月六日朝米空軍一機飛来し原爆を広島に投下。

    次いで同月九日長崎に投じた。

    詩はその破壊のすざましさと残虐さをのべ、戒めとしたもの。

    怪しい光がピカッと一すじ、真青な空から落ちてきた。

    たちまち、地は震い、太陽も暗くなり、一瞬の間に、丘は谷となり、谷は丘に変じ、立派な町も家もみな、灰となった。

    この日の死者三十万。

    生き残った者も創をうけ、余りのことに悲しみうめくのであった。

    死と生との別れ道は、定かでなく、誰にもわかるものでない。妻は夫を探し、子は親を尋ねる。地獄でのわめき声のようなその叫びは、天地を動かし、道のほとりに血は流れ、死体が横たわって連なる有様であった。

    国難に殉じ命を落とすのは兵士ばかりではない。

    被害を受けるのは、すべて罪とがのない人ばかりである。

    広島のすざましい被害は、かってないひどさであったが、米軍はさらに、長崎の港町をも襲った。

    かくして二つの都市が荒れ果て、鶏や犬ですらいなくなりあるのは壊れた垣根、落ちた瓦ばかりで、人気はなかった。

    このようなむごたらしさは、天の怒るところであり、おごりを極めた乱暴は、かの狼や虎のような秦の狂暴と同じである。

    あなたはお聞きにならないか。

    すすり泣く霊の泣き声が、夜から朝まで続き、壊れた町跡には、雨降って暗い夜に、青い鬼火が飛ぶということを。

     

    **語意 一綫ー綫は線と同じ。一筋。

    忽然=たちまち。

    陵谷変=陵は丘。丘は谷となり、谷は丘となる。

    台榭=台は立派な御殿。榭は屋根のある物見台。立派な家も粗末な家も。

    茫茫=ぼんやりとしているさま。

    阿鼻叫喚=阿鼻は八大地獄の一つ。無限地獄。その地獄でわめき叫ぶ声。

    陌頭=陌は道。道のほとり。

    黄陳=陳はつらなる、並ぶ。横たわって並ぶ。

    無辜民=辜はつみ。つみとがのない人。

    広陵=広島。

    崎陽津=崎陽は長崎。津は港町。

    残虐=むごいこと。

    驕暴=驕はおごりたかぶる。おごりたかぶった乱暴さ。

    啾啾=すすり泣く声。

    *** この和漢詩「原爆行」は第12回敬老文化祭の会場パネルで掲示します。

     

人気記事